スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

違反」判断するものなので

金融庁が所管する保険業法の定めに則って、保険を取り扱う企業は生命保険会社あるいは損害保険会社のどちらかになり、いずれの会社も免許(内閣総理大臣による)を受けている会社のほかは実施してはいけないとされている。
知ってますか?外貨預金のメリットデメリット。銀行で取り扱っている外貨建ての商品のことであって、外国の通貨で預金する商品の名前です。為替変動による利益を得られる可能性があるけれども、同じ理由で損をするリスクもある(為替リスク)。
いわゆる金融機関のランク付けの解説。格付機関によって金融機関を含め社債などを発行する会社、それらについて信用力(債務の支払能力など)を一定の基準に基づいて評価・公表しているということ。
西暦2010年9月10日、日本振興銀行の経営が破綻せざるを得なくなった。これが起きたために、初となるペイオフが発動して、全預金者に対する3%程度とはいうものの数千人の預金が、上限額の適用対象になったと推測されている。
つまり「重大な違反」なのかそうでないのかは、金融庁が判断をすることなのです。大部分の場合、細かな違反がひどくあり、その効果で、「重大な違反」判断するものなのです。
バンク(銀行)はあまり知られていないけれど机やベンチを意味するイタリア語のbancoに由来との説が有力。ヨーロッパ最古といわれる銀行⇒15世紀初頭に当時のヨーロッパで台頭していたジェノヴァ共和国で設立し、コンスルたちに運営されたサン・ジョルジョ銀行である。
きちんと知っておきたい用語。金融機関の格付け(能力評価)とは→ムーディーズなどで知られる格付機関が金融機関を含む金融商品または企業・政府の信用力や債務の支払能力などを一定の基準に基づき評価するのだ。
【解説】スウィーブサービスの内容⇒通常の銀行預金口座と(同一金融機関・グループの)証券取引口座間なら、株式等の購入代金、売却で得た利益が自動振替されるぜひ利用したいサービス。同一金融グループ内での優良顧客を囲い込むための戦略である。
格付け(評価)のよいところは、難解な財務資料の全てを読むことができなくても格付けによって金融機関の経営の健全性が判別できる点にあります。ランキング表で金融機関同士を比較することも可能となる。
約40年前に設立された預金保険機構が支払う預金保護のための保険金の補償の最高額は"預金者1人当たり(名寄せ、融資の相殺がされた上で)1000万円以内(但し決済用預金は全額)"です。同機構に対しては日本政府だけではなく日本銀行ならびに民間金融機関全体の三者がが大体3分の1ずつ
多くのすでに株式公開している上場企業の場合は、事業活動のための資金集めのために、株式だけではなく、さらに社債も発行することが当然になっている。株式と社債の最大の違いは、返済する義務の有無なので気をつけたい。
難しそうだが、外貨MMFとは?⇒国内でも売買してもよい外貨建て商品のことである。外貨預金と比較して利回りがかなりよく、為替の変動によって発生した利益が非課税だというメリットがある。すぐに証券会社で購入しよう。
一般的に金融機関の格付け(信用格付け)⇒信用格付機関(ムーディーズなどが有名)が金融機関、そして社債などを発行する会社、それらについて信用力や債務の支払能力などを主観的に評価しているのである。
一般的にスウィーブサービス⇒通常の銀行預金口座と(同一金融機関・グループの)証券の取引口座、2つの口座の間で、株式等の購入のための資金や売却でえた利益などが自動的に振替されるぜひ利用したいサービスである。同じ金融グループによる顧客の囲い込み作戦です。
きちんと知っておきたい用語。保険は、想定外に発生する事故によって生じた財産上(主に金銭)の損失に備えて、よく似た状態の多数の者が定められた保険料を出し合い、集められた保険料を資金にして突如発生する事故が発生した際に掛け金に応じた保険給付を行う仕組みなのだ。

JUGEMテーマ:ふとん



スポンサーサイト