スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

一定の基準信用力などを

預金保険機構(1971年設立)が預金保護のために支払う補償額の上限は"預金者1人当たり1000万円"なのです。この機構は政府及び日本銀行ほぼ同じくらいの割合でだいたい同じ割合で
つまり金融機関の格付け(能力評価)というものは、ムーディーズなどで知られる格付機関が金融機関はもちろん金融商品または企業・政府などについて、債務の支払能力や信用力などを一定の基準に基づいて主観的に評価するという仕組み。
覚えておこう、MMF(マネー・マネジメント・ファンド)とは、公社債、短期金融資産などで運用し利益を得る投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する)である。あまり知られていないが取得ののち30日未満に解約した場合、実は手数料にペナルティが課せられるという仕組み。
こうして日本の金融・資本市場の競争力等を強化することを目指して緩和された規制のほか、金融に関する制度の更なる質的向上の実現を目指す試み等を積極的に促進する等、市場環境と同時に規制環境に関する整備がすでに進められているのであります。
まさに世紀末の2000年7月、大蔵省(現在の財務省)よりそれまで大蔵省の中心業務の一つであった金融制度の企画立案事務を移管したうえでこれまであった金融監督庁を金融庁(金融再生委員会下ではあるが)として組織を変更。そして平成13年1月、金融再生委員会は省庁再編により廃止し、現在の内閣府直属の外局となった。
きちんと知っておきたい用語。デリバティブの意味は伝統的なこれまでの金融取引や実物商品または債権取引の相場が変動したためのリスクをかわすために販売された金融商品全体の名称をいい、とくに金融派生商品と呼ばれることもある。
金融庁が所管する保険業法の定めに基づき、保険の取り扱いを行う企業は生命保険会社か損害保険会社のどちらかになり、どちらも内閣総理大臣による免許を受けた会社以外は販売してはいけないのです。
多くの場合、金融機関の能力格付けについて。格付会社が金融機関だけではなく国債を発行している政府や、社債などの発行会社、それらの信用力や支払能力などを一定の基準に基づいてできるだけ公平に評価しているということ。
簡単にわかる解説。外貨預金というのは銀行で取り扱う外貨商品。外国の通貨によって預金する商品の事である。為替の変動によって発生する利益を得られるけれども、同じ理由で差損が発生するリスクもある(為替リスク)。
よく聞く「失われた10年」が指すのは、国全体、またはある地域の経済がおよそ10年以上の長きにわたる不況、停滞に見舞われた10年のことを指す語である。
きちんと知っておきたい用語。ロイズと言えばシティ(ロンドンの金融街)にある世界的に知られた保険市場を指す。イギリスで議会制定法の規定に基づき法人であるとされた、ブローカー(保険契約仲介業者)およびそのシンジケート(団体や組合)が会員である保険組合を指す場合もあります。
原則「銀行の経営というものは銀行自身に信用があってうまくいく、もしくはそこに融資するほど値打ちがない銀行であると審判されてうまくいかなくなる、二つのうち一つである」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏の言葉を引用)
有利なのか?タンス預金。物価が上昇している(インフレ)局面では、物価が上昇した分その価値が目減りするという現実。すぐには生活に準備しておく必要のないお金であるのなら、タンス預金をやめて安全でわずかでも金利も付く商品に変えた方がよいだろう。
西暦1998年6月、大蔵省銀行局や証券局等が所掌する事務のうち、民間金融機関(民間資本によって運営される銀行等)等の検査・監督に係るもののセクションを区分して、総理府(現内閣府)の内部部局ではなく外局のひとつとして金融監督庁という特殊な組織を設けたとい事情があるのだ。
【用語】バブル経済(80年代から91年)について。不動産、株式などの市場価格の動きが大きい資産が取引される金額が行き過ぎた投機によって実体経済の実際の成長を超過してもなお高騰し続け、ついに投機によって持ちこたえることができなくなるまでの経済状態。

JUGEMテーマ:ふとん



スポンサーサイト